☆新規上場紹介 安江工務店 名古屋密着型の建売・リフォーム業者(2017年01月16日)

※→IPOカレンダー2017/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

安江工務店 (1439)が2月10日、JASDAQにIPO(新規上場)する。

現社長の父が1970年に創業した工務店が起源。現在は愛知県内に10店舗を置き、住宅リフォームを請け負う「住宅リフォーム事業」、新築注文住宅を請け負う「新築住宅事業」、不動産仲介や買取再販を手掛ける「不動産流通事業」との3事業を展開する。

特徴は名古屋市とその近郊地域に密着すること。「住まいのかかりつけ医」のような存在を目指しており、例えば、網戸の張り替えや電球の交換といった些細なニーズにも対応するという。こうして創業時より顧客と高い信頼関係を築き上げた結果、過去に契約した顧客からのリピート注文は2015年12月までで2万6,531世帯と、全受注件数の50%以上を占めるまでに高まっている。

現在は売上高の7割超を「住宅リフォーム事業」が占めるものの、当然ながら住宅そのものにも強いこだわりを持つ。リフォーム、新築ともに、壁や天井には、食べられる素材だけで作られた自社開発のしっくい、あるいは、サンゴや貝殻が化石化したコーラルストーンといった自然由来の素材だけを使用。一般住宅では壁に塩化ビニル素材のクロスが使われることが多く、これに対して同社は「無添加」を強調している。

会社側は今後、新規出店のみならず、M&A(企業合併・買収)など他社とのアライアンスを有効活用することで日本全国へと事業領域を拡大することを目指すとしている。まずは今回の上場で調達した資金を、住宅リフォーム事業の店舗設置と新築住宅事業のショールーム新設に充てる。

概 要
事業内容住宅リフォーム事業、新築住宅事業、不動産流通事業
本社愛知県名古屋市天白区島田1―1413
代表者安江博幸
設立1975年6月2日
上場前資本金3,840万円
発行済株式数(上場時)1,222,800株(上場時)
筆頭株主安江博幸(上場前49.37%)
公募株式数280,000株
売出株式数210,200株(オーバーアロットメント73,500株)
初値1,300円(4%高、名証は1,262円)
公開価格1,250円(2/1)
ブックビル仮条件1,130~1,250円(1/23)
ブックビル期間1月25日〜31日
引受証券東海東京(主幹事)、SBI、みずほ、SMBC日興、藍澤、安藤、エース
 
業績推移
売上高経常利益1株利益配当
2014/122,419百万円-78百万円 ―円―円
2015/124,134百万円205百万円134.77円19.15円
2016/12(予想)3,879百万円300百万円209.26円31.00円

[本紙1月17日付2面]

News一覧へ