☆新規上場紹介 ピーバンドットコム プリント基板の通販サイト「P板.com」運営(2017年02月09日)

※→IPOカレンダー2017/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

ピーバンドットコム(3559)が3月9日、マザーズにIPO(新規上場)する。

自動車やスマートフォンなどあらゆる電子機器に欠かせないプリント基板が安く買える通販サイト「P板.com(ピーバンドットコム)」の運営会社。国内外の大手企業にとどまらず、学校・研究機関、個人事業主や趣味利用までと幅広い顧客層に利用されて、累計取引者数は1万8,000を超える。

強みは「初期費用無料」と「短納期」にある。プリント基板はオーダーメードで試作を繰り返すため、通常は初回発注時に高額な初期費用を請求される。一方、同社はフィルムや銅版の加工時に複数案件を同時に並べて素材を有効活用する「異種面付工法」をとることで大幅なコストダウンを実現した。

対面交渉が一般的だった見積作成や受発注をウェブサイト上で完結させただけでなく、これら作業を完全システム化することで納期短縮を徹底。加えて、自社工場を持たずに国内外の協力工場を活用することで、製品の高品質維持とも両立させた。

こうして商品開発をサポートするだけでなく、昨春にはエンジニア向け技術情報サイト「@ele(アットマーク・エレ)」を開設したほか、電子工作コンテストを開催するなど、プリント基板を扱う技術者のすそ野拡大を目的とした取り組みにも着手。こうしてアイデア創出から市場への製品リリースまでを一気通貫で対応するインフラ整備にも注力している。

プリント基板はIoT(モノのインターネット)の広がりに伴って開発需要が増加中。このような環境下で同社サイトの利用者は拡大の一途をたどっている。2016年3月末時点の会員数は約4万人と、1年間で約4,000人増加した。

概 要
事業内容プリント基板のEコマース事業の運営
本社東京都千代田区五番町14番地
代表者田坂正樹
設立2002年4月5日
上場前資本金3,400万円
発行済株式数(上場時)2,190,000株(上場時)
筆頭株主田中一宏(上場前43.72%)
公募株式数150,000株
売出株式数650,000株(オーバーアロットメント60,000株)
初値
公開価格(2/28)
ブックビル仮条件(2/17)
ブックビル期間2月21日〜27日
引受証券SBI(主幹事)、SMBC日興、松井、藍澤、岩井コスモ、エース、極東、東洋、マネックス
 
業績推移
売上高経常利益1株利益配当
2015/31,684百万円70百万円23.92円-円
2016/31,717百万円67百万円30.18円-円
2017/3(予想)1,817百万円212百万円66.65円-円

[本紙2月10日付2面]

News一覧へ