☆[概況/寄り付き] 東京市場は小反発 (2017年05月19日)

9時8分時点の日経平均は19,591.93円の38.07円高、TOPIXは1,558.24ポイントの3.23ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売り680万株、買いは1,220万株。

昨日のNYダウは56ドル高の20,663と反発。新規失業保険申請件数とフィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想よりも良好だったため買戻しが入った。

米国株の落ち着きを受けて、今朝の東京株式市場は小反発となっているが、週末で積極的な買いは入りにくいもよう。業種別上昇率上位は鉱業、証券、保険、海運で、下落率上位は電力ガス、陸運、水産農林、医薬品。

日経平均構成銘柄では楽天(4755)IHI(7013)三菱電機(6503)などが高く、ユニーファミリーマート(8028)大阪ガス(9532)シチズン(7762)などが安い。指数を構成する225銘柄中、113銘柄が上昇、98銘柄が下落。

その他、産業再生機構が売却するルネサスエレクトロニクス(6723)が上昇し、上野動物園のパンダに妊娠の兆候で東天紅(8181)が高い。

News一覧へ