☆竹中三佳の株Catch one's eye Part.191 男性ファン多数「大人向け」アイスクリーム(2017年06月16日)

先日、大人数でわいわいと食事をしていた際、50歳代の男性が森永乳業(2264)のチョコレートアイスクリーム「パルム」について、熱く語り始めました。大人の男性がチョコアイスを食べているイメージがあまりなかったので、驚きながらも聞いていると、周囲の男性も同調し始め、実はパルムのファンだという男性が多数いることが判明。彼らいわく、パルムは「上質な大人のアイスクリーム」なのだそう。

チョコアイスというと、コーティングされているチョコの食感がパリパリとしたものが多い中、パルムはねっとりと舌でとろける滑らかなコーティングで、これがバニラアイスと一緒に口の中で溶けるのがたまらない、とのこと。特にその友人は、ゴルフ帰りの車内で食す機会が多いそうで、おいしいのはもちろん、チョコレートがはがれ落ちて車内や洋服を汚す心配がない点も気に入っているのだと、満面の笑みで語っていました。

そんなに人気なのかと調べてみると、アイス業界では売上高が年間100億円を超えると「メガブランド」と呼ばれる中で、パルムは約145億円(「アイスクリームプレス」2015年度推計)。05年の発売初年度から既に10倍増したものの、対前年比で見ても10%増と、まだまだ伸びそうな勢いが感じられます。

発売当初から「シンプル」「上質」をキーワードに、大人向けのアイスクリームとして売り出されたパルム。独自路線を貫きつつ、最近のコンビニ内デザートコーナーの充実といった追い風にも乗って、今後どれほどの成長を見せるのか注目しています。

【編集記者Yのコメント】
森永乳業の株価は、森永製菓(2201)との経営統合見送りを発表した3月末に急落。しかし、その後はコツコツと下値を切り上げ、急落前の水準に“あと一息”のところまで回復してきました。急落前の高値995円を奪回したとなれば、市場の注目が一気に高まる可能性もあります。業績面ではアイスクリームのほか、ヨーグルトなどあらゆる領域で高付加価値商品を投入し、これが成功。今3月期は減収だった前期から増収に転じる計画です。

竹中三佳さんのプロフィール
タレント、リポーター、モデル。ホリプロアナウンス室所属。明るく誠実でファッショナブルなキャラクターでTVやラジオ、CMなどで活躍。

[本紙6月19日付14面]

News一覧へ