☆[概況/前引け] 東京市場は3連休を控え、小動き(2017年07月14日)

前引けの日経平均は20,144.82円の45.01円高、TOPIXは1,627.23ポイントの8.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,313、値下がり銘柄数は555。出来高は11億4,897万株、売買代金は1兆75億円。

NYダウ続伸が好感されたが、3連休を控え、日経平均は小幅な上げにとどまった。業種別上昇率上位は非鉄、輸送用機器、鉄鋼、ゴム、機械で、下落は水産農林、保険、小売。

日経平均構成銘柄では、ファナック(6954)が買われ、リチウムイオン電池関連の昭和電工(4004)は上場来高値を更新した。東海カーボン(5301)も高い。一方、ファーストリテイリング(9983)は通期業績予想を据え置いたことが失望され売られた。東京エレクトロン(8035)日本電気硝子(5214)も安い。指数を構成する225銘柄中、183銘柄が上昇、36銘柄が下落。

その他、安永(7271)三栄建築設計(3228)が大幅高となり、ZMP関連のライドオン・エクスプレス(6082)は続落となった。

News一覧へ