☆[概況/前引け] 買い一巡後は伸び悩み(2017年08月10日)

前引けの日経平均は19,736.72円の1.99円安、TOPIXは1,615.86ポイントの2.04ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は826、値下がり銘柄数は1,050。出来高は9億9,019万株、売買代金は1兆2,346億円。

昨日のNYダウの下げ幅が小幅にとどまったため、日経平均は反発して始まったが、3連休を控え買いが続かず、前日終値を挟んだ水準に押し戻された。業種別下落率上位は保険、銀行、建設、証券で、上昇率上位は石油、非鉄、化学、倉庫運輸。

日経平均構成銘柄では、千代田化工建設(6366)電通(4324)アマダ(6113)などが安く、業績予想を上方修正した資生堂(4911)三井金属(5706)が高い。指数を構成する225銘柄中、96銘柄が上昇、118銘柄が下落。

その他、石川製作所(6208)は自衛隊に機雷と地雷を納入しているが、航空自衛隊にフライトデータレコーダーなどを納めている関東航空計器を子会社化することを発表したため、防衛関連として業容拡大が期待され大幅高となった。

News一覧へ