☆新規上場紹介 MS&Consulting 顧客・従業員の満足度調査(2017年09月06日)

※→IPOカレンダー2017/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

MS&Consulting(6555)が10月5日、マザーズに新規上場する。

「従業員満足度向上→顧客満足度向上→業績向上→従業員満足度向上→……」という好循環サイクルを指すサービスプロフィットチェーン(SPC)経営。同社はこの実現に向け、顧客満足度(CS)、従業員満足度(ES)のためのリサーチ業務、経営コンサルティングを行っている。

基幹サービスは、顧客満足度覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」。モニターが一般利用者として顧客企業の店舗を訪れ、商品やサービスを評価する。

調査件数は年々増加し、2017年3月期は21万件。外食や小売り、自動車、美容、レジャーなどの業界で顧客基盤を構築。確保しているモニターは全国44万人で、幅広い調査ニーズに対応している。

従業員満足度調査「サービスチーム力診断」は、従業員の働きがいやモチベーションに焦点を当て、リーダーシップ、チーム環境、業務モチベーション、組織ロイヤルティの4つの観点から組織が抱える問題点を明らかにするもの。また、これら調査に基づき、多くの店舗に共通する課題の解決策などをテーマとしたコンサルティング、研修も実施している。

今後は、在日・訪日外国人や障害者による覆面調査などサービス拡充と、金融、宿泊、公共機関など顧客基盤拡大により成長を目指す。

なお、「ミステリーショッピングリサーチ」は2000年5月、日本エル・シー・エーの外食向けコンサルティングの調査ツールとして誕生した。その後、日本エル・シー・エーが業績悪化で資金調達が必要になったため、順調に拡大している同事業を売却。現在は、東京海上キャピタルが組成したファンドが430万株(保有割合86%)を保有。同ファンドは保有株の86%を上場に伴う売り出しで放出する。

概 要
事業内容顧客満足度・従業員満足度の向上のためのリサーチ業務、経営コンサルティング
本社東京都中央区日本橋小伝馬町4-9
代表者並木昭憲
設立2013年3月
上場前資本金5億2,404万1,000円
発行済株式数(上場時)4,560,000株(上場時)
筆頭株主TMCAP2011投資事業有限責任組合(上場前86.88%)
公募株式数50,000株
売出株式数3,732,700株(オーバーアロットメント567,300株)
初値1,250円(2.3%安)
公開価格1,280円(9/27)
ブックビル仮条件1,150円~1,280円(9/19)
ブックビル期間9月20日〜26日
引受証券SMBC日興(主幹事)、大和、野村、マネックス、SBI、いちよし
 
業績推移
売上高経常利益1株利益配当
2016/32,444百万円494百万円70.96円0円
2017/32,641百万円506百万円75.98円110.87円
2018/3(予想)2,856百万円560百万円84.71円-円

[本紙9月7日付2面]

News一覧へ