☆[概況/寄り付き] 東京市場は全面高で続伸(2017年09月12日)

9時10分時点の日経平均は19,746.74円の200.97円高、TOPIXは1,626.81ポイントの14.55ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売り1,110万株、買いは1,150万株。

昨日のNYダウは259ドル高の22,057ドルと大幅続伸。北朝鮮に対する警戒感が後退し、ハリケーン被害が懸念されたほど大きくないという見方から損保株が買われた。

今朝の東京株式市場はは続伸し全面高の始まりとなっている。業種別上昇率上位は保険、ノンバンク、銀行、証券、非鉄で、下落業種はなし。

日経平均構成銘柄ではファーストリテイリング(9983)はドイツ証券が投資判断を「Buy」に引き上げたことが好感された。GSユアサ(6674)SUMCO(3436)が高く、楽天(4755)JFE(5411)は安い。指数を構成する225銘柄中、202銘柄が上昇、18銘柄が下落。

その他、牧野フライス(6135)は野村証券が投資判断を「Buy」に引き上げたことで高い。一方、VOYAGE GROUP(3688)は三菱UFJモルガン・スタンレー証券による格下げが響いた。

News一覧へ