☆[概況/前引け] 日経平均は小動き 有機EL関連は高い(2017年09月14日)

前引けの日経平均は19,873.62円の7.80円高、TOPIXは1,638.40ポイントの1.07ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は918、値下がり銘柄数は984。出来高は8億3,866万株、売買代金は1兆947億円。

前日までの3日続伸を受けて高値警戒感から日経平均は小動き。業種別上昇率上位は繊維、ノンバンク、鉱業、石油で、下落率上位は非鉄、精密、海運、不動産。

日経平均構成銘柄ではモルガン・スタンレーMUFG証券が目標株価を引き上げた東レ(3402)が高く、SUMCO(3436)は回路線幅7ナノメートル用ウエハーを来年から量産すると報じられたことで買われた。他方、昨日ストップ高となった燃料電池用触媒の日清紡(3105)は利益確保の売りに押され反落し、ソニー(6758)は3日続落。指数を構成する225銘柄中、119銘柄が上昇、98銘柄が下落。

その他、iPhoneXが有機ELパネルを採用したことで有機EL関連のダイニック(3551)保土谷化学(4112)は高いが、チタン工業(4098)安永(7271)といったリチウムイオン電池関連株は下落した。

News一覧へ