☆竹中三佳の株Catch one's eye Part.207 レジ横商戦を制するのは…?ローソンは「ホットミルク」(2017年10月20日)

寒い季節によりアツくなるのがコンビニエンスストアのレジ横商戦。おでんや肉まん、唐揚げなど各社趣向を凝らした商品がずらり。最近ではそこに、手軽に美味しく淹れたてのコーヒーが飲める「コンビニカウンターコーヒー」も追加され、『唐揚げとコーヒー』や『あんまんとカフェオレ』など、気付けばまんまと追加購入をさせられています。

一方で、仕事帰りなど帰宅が遅くなった際には、「ほっと一息つきたいけど、この時間帯にカフェインを摂るのはちょっとな…」と断念することも。そんな中、帰宅が午前0時をまわった先日、あたたかい飲み物を求めローソンに入ると「ホットミルク」の文字を発見。「これだ!」と即購入。店員さんが淹れてくれたホットミルクは、ふわふわの泡と牛乳の甘い香りが立ち、飲み口もとてもまろやか。飲み進めるほどに心身ともにリラックスし、一日の疲れが溶け出ていくようでした。

また、商品の調達力を生かし北海道エリアならば北海道根釧産牛乳、南九州エリアならば種子島産牛乳と、さすがは牛乳屋さんから始まったローソンとだけあってエリアごとに地域の生乳100%を使用するこだわりも。来月九州に上陸予定なので、東京のものと飲み比べるのを楽しみにしています。

年々激化の様相を見せるコンビニレジ横商戦。今回のローソンの「ホットミルク」は、妊娠授乳中の方やシニア、子供など、これまでコンビニコーヒーを利用しなかった新たな客層の開拓にもつながりそうです。今後「ホットミルク」がどれほどのインパクトをもたらすのか、またほかのコンビニの商品展開にも注目しています。

【編集記者のコメント】
コンビニ3社の中間決算が出そろい、セブン―イレブン・ジャパンの一人勝ちが話題に。ローソン(2651)は減益決算となった上に通期営業総収入を下方修正しましたが、各利益の予想は据え置いています。商品力強化策が奏功し、客単価は上昇中。下期はホットミルクの提供開始のほか、カフェラテのリニューアル、15年ぶりとなる「おにぎり屋」の大幅刷新などに取り組む予定です。

竹中三佳さんのプロフィール
タレント、リポーター、モデル。ホリプロアナウンス室所属。明るく誠実でファッショナブルなキャラクターでTVやラジオ、CMなどで活躍。

[本紙10月23日付14面]

News一覧へ