☆新規上場紹介 カチタス 中古戸建ての買取再販業界トップ(2017年11月14日)

※→IPOカレンダー2017/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

カチタス(8919)が12月12日、東証1部または2部に新規上場する。

地方都市を中心とする全国123店(2017年9月末現在)で、空き家となった一戸建てを中心に中古住宅を調査して仕入れ、リフォームし、販売している。

創業は1978年。累計販売戸数は4万件以上に上る。蓄積してきたノウハウを基に、そのままでは買い手がつかないような築年数20―40年という古い一戸建て住宅を魅力ある住宅に蘇らせ、新築の半額程度で販売している。

リフォーム産業新聞によると、中古戸建住宅再販戸数ランキングで同社は2016年度まで4年連続1位。16年度の再販戸数はカチタスグループ全体で4,402戸と、2位(べストランド・2,074戸)以下に圧倒的な差をつけている。17年4月には、ニトリHDと資本・業務提携。顧客紹介、システムキッチンなど両社に共通するリフォーム商材の共同開発・仕入れ体制構築などを目指す。

なお、前身はやすらぎ。名古屋証券取引所のセントレックスに上場していたが、07年ごろからの世界金融危機を背景にした業績落ち込みを受け、12年に上場を廃止し、ファンド(アドバンテッジパートナーズ)傘下で再建・成長戦略に取り組んできた。

概 要
事業内容戸建ての空き家を中心に買い取り、リフォームにより再生して販売する中古住宅再生事業
本社東京都中央区新川1―18―3 新川中杢THビル4階
代表者新井健資
設立1978年9月
上場前資本金37億7,887万1,000円
発行済株式数(上場時)39,325,320株(上場時)
筆頭株主ニトリホールディングス(上場前31.8%)
公募株式数なし
売出株式数21,056,300株(このほかオーバーアロットメントで1,969,000株)
初値
公開価格12月4日に決定
ブックビル仮条件11月26日に決定
ブックビル期間11月27日~12月1日
引受証券大和(主幹事)、三菱UFJモルガン・スタンレー、みずほ、SMBC日興、岩井コスモ、エース、SBI、岡三、マネックス、水戸
 
業績推移
営業収益経常利益1株利益配当
2016/339,337百万円3,340百万円50.43円156.6円
2017/361,829百万円4,807百万円95.95円27.37円
2018/3(予想)67,998百万円6,443百万円122.71円26.00円

[本紙11月15日付2面]

News一覧へ