☆[概況/寄り付き] 日経平均は6日続落(2017年11月15日)

9時10分時点の日経平均は22,237.49円の142.52円安、TOPIXは1,764.46ポイントの14.41ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売り720万株、買いは580万株。

昨日のNYダウは30ドル安の23,409ドルと反落。国際エネルギー機関(IEA)が原油需要見通しを下方修正したことを受け、エネルギー関連株が売られ、中国経済の減速で素材関連株も下落した。

今朝の日経平均は6日続落の始まり。米国株反落を受けて、買いが入りにくい様子。業種別下落率上位は鉱業、石油、ノンバンク、鉄鋼、非鉄で、上昇はその他製品と水産農林のみ。

日経平均構成銘柄では鹿島(1812)国際帝石(1605)三井化学(4183)などが安く、電通(4324)昭和電工(4004)アマダ(6113)が高い。指数を構成する225銘柄中200銘柄が下落、23銘柄が上昇。

その他、サンマルク(3395)リンクアンドモチベーション(2170)が下落率上位となっている。一方、任天堂(7974)は4日続伸で、ユニプレス(5949)は業績上方修正で大幅高。

News一覧へ