☆[概況/前引け] 全面安で日経平均は6日続落(2017年11月15日)

前引けの日経平均は22,171.08円の208.93円安、TOPIXは1,753.91ポイントの24.96ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は196、値下がり銘柄数は1,799。出来高は9億4,815万株、売買代金は1兆6,371億円。

利益確定の売りに押され、日経平均は6日続落。株安を受けて、円高になったことも投資家心理にマイナスの影響をもたらした。業種別下落率上位は鉱業、鉄鋼、石油、海運、ノンバンクで、上昇業種はなし。

日経平均構成銘柄では東邦亜鉛(5707)昭和シェル石油(5002)鹿島(1812)などが安く、大塚HD(4578)昭和電工(4004)第一生命(8750)などが高い。指数を構成する225銘柄中、200銘柄が下落、25銘柄が上昇。

その他、アサヒHD(5857)は公募増資を発表したため、希薄化懸念で大幅安。一方、オープンハウス(3288)は今期も業績拡大が続く見通しで、大幅増配予想を発表したことが好感され、ストップ高となった。

News一覧へ