☆11月16日の米国株式市場は反発、NYダウ0.80%高、ナスダック1.30%高、S&P500 0.82%高(2017年11月17日)

11月16日の米国株式市場でNYダウは反発。ウォルマートはオンライン販売が伸びて好決算となったことで買われ、下院が税制改革法案を可決したことも好感された。シスコシステムズは収益見通しがアナリスト予想を上回ったことで上昇し、他のハイテク株も買われたため、ナスダックは最高値を更新した。

NYダウ工業平均は前日比187.08ドル高(0.80%高)の23,458.36ドル。ナスダック総合指数は前日比87.09ポイント高(1.30%高)の6,793.29、S&P500指数は前日比21.02ポイント高(0.82%高)の2,585.64。

ダウ構成銘柄ではウォルマートやシスコシステムズ、デュポンなどが高く、トラベラーズやエクソンモービル、シェブロンなどは安い。指数を構成する30銘柄中、上昇は23銘柄、下落は7銘柄。

News一覧へ