☆[概況/寄り付き] 東京市場はほぼ全面高 米国株続伸を好感(2017年11月22日)

9時11分時点の日経平均は22,664.75円の248.27円高、TOPIXは1,784.49ポイントの13.36ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売り1,340万株、買いは1,460万株。

昨日のNYダウは160ドル高の23,590ドルと続伸した。アップルが年末商戦でiPhoneXの販売好調期待から買われるなどハイテク株が上昇を牽引した。

今朝の東京株式市場はほぼ全面高で続伸の始まり。ソフトバンク(9984)ソニー(6758)トヨタ(7203)などの主力株が高く、SUMCO(3436)は引き続き好調で、TDK(6762)は全固体電池を開発したと報じられ注目された。業種別上昇率上位は石油、機械、輸送用機器、紙パルプ、電機で、下落は電力ガスのみ。

日経平均構成銘柄ではオークマ(6103)は東海東京調査センターが投資判断を「Neutral」→「Outperform」に引き上げたことで値を飛ばしている。半導体製造装置メーカーのSCREEN(7735)や米アップル関連のアルプス電気(6770)が高い。一方、太平洋セメント(5233)味の素(2802)丸井(8252)などが安い。指数を構成する225銘柄中、193銘柄が上昇、29銘柄が下落。

ヤーマン(6630)が大幅続伸となり、すかいらーく(3197)は筆頭株主の米投資会社ベインキャピタルが、保有する全株式を売却すると発表したことで下落している。

News一覧へ