☆[概況/前引け] 東証は続落 ハイテク株安、鉄鋼株高(2017年12月05日)

前引けの日経平均は22,611.61円の95.55円安、TOPIXは1,784.83ポイントの2.04ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は727、値下がり銘柄数は1,220。出来高は7億1,179万株、売買代金は1兆2,635億円。

先週末の米国上院で税制改革法案が可決したことを受けて、4日のNYダウは反発したものの実効税率が低いハイテク株は売られたためナスダックは続落となり、5日の東京株式市場も続落となっている。業種別下落率上位はその他製品、精密、電機、サービス、ゴムで、上昇率上位は鉄鋼、海運、証券、陸運、空運。

日経平均構成銘柄では東京エレクトロン(8035)日東電工(6988)リクルート(6098)などが安い。一方、新日鉄住金(5401)日本郵船(9101)コマツ(6301)などが高い。指数を構成する225銘柄中、109銘柄が下落、109銘柄が上昇。

その他、IDEC(6652)は株式売出を行うと発表したことで大幅安となった。パソナグループ(2168)が安い。ノリタケ(5331)は東海東京調査センターによる格上げが好感された。

News一覧へ