☆[概況/前引け] 日経平均は3日続落 非鉄や紙パルプ、証券が安い(2017年12月06日)

前引けの日経平均は22,419.88円の202.50円安、TOPIXは1,780.97ポイントの10.00ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は787、値下がり銘柄数は1,170。出来高は7億3,021万株、売買代金は1兆2,189億円。

前日のNYダウ反落とロンドン金属取引所で銅先物価格が急落したことが警戒され、日経平均は3日続落となった。8日のSQ算出を意識した売りが出ている側面もある。業種別下落率上位は非鉄、紙パルプ、鉱業、証券で、上昇率上位はその他製品、空運、食品、水産農林。

日経平均構成銘柄では、ファーストリテイリング(9983)日東電工(6988)三井金属(5706)などが安く、東京エレクトロン(8035)SUMCO(3436)DeNA(2432)などが高い。指数を構成する225銘柄中、189銘柄が下落、31銘柄が上昇。

その他、シーティーエス(4345)は株式売出を発表し大幅安となり、マクロミル(3978)は筆頭株主のベインキャピタルスティング(香港)が保有株の一部を売却したことで下落した。一方、アイビーシー(3920)はIoTデバイス向けセキュリティーサービスの実証実験を開始したことでストップ高となった。

News一覧へ