☆[概況/寄り付き] 日経平均は続伸 医薬品や精密、証券が高い(2017年12月08日)

9時9分時点の日経平均は22,658.54円の160.51円高、TOPIXは1,793.04ポイントの6.79ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売り490万株、買いは1,210万株。

昨日のNYダウは70ドル高の24,211ドルと反発し、トランプ大統領が来年1月にインフラ計画を発表する予定との報道が好感された。

今朝の東京株式市場は続伸の始まり。米国株高が安心され、東京エレクトロン(8035)信越化学(4063)京セラ(6971)といった値がさハイテク株が買われ、武田薬品(4502)リクルート(6098)スズキ(7269)も高い。業種別上昇率上位は医薬品、精密、証券、サービスで、下落は鉄鋼、情報通信、銀行、海運。
 
日経平均構成銘柄ではコナミ(9766)住友商事(8053)荏原(6361)などが高く、千代田化工建設(6366)東海カーボン(5301)NTT(9432)などが安い。指数を構成する225銘柄中、180銘柄が上昇、38銘柄が下落。

その他、マルセルHD(6810)はゴールドマン・サックスが投資判断を新規に「買い」と発表し、アイフル(8515)はモルガン・スタンレーMUFG証券が投資判断を「Overweight」に引き上げたことで高い。

News一覧へ