☆12月12日の米国株式市場は、NYダウ0.49%高、ナスダック0.19%安、S&P500 0.15%高(2017年12月13日)

12月12日の米国株式市場でNYダウは4日続伸。FOMCを控え様子見姿勢が強かったが、ボーイングは増配と自社株買いを発表したことで買われた。11月卸売物価が前月比0.4%上昇し、市場予想の0.3%上昇を上回ったため、長期金利が上昇し、利ザヤ改善期待で金融株も買われた。一方、ナスダックは5日ぶりに反落。

NYダウ工業平均は前日比118.77ドル高(0.49%高)の24,504.80ドル。ナスダック総合指数は前日比12.76ポイント安(0.19%安)の6,862.32、S&P500指数は前日比4.12ポイント高(0.15%高)の2,664.11。

ダウ構成銘柄ではゴールドマン・サックス、ベライゾン、ボーイングなどが高く、3Mやインテル、シェブロンなどが安い。指数を構成する30銘柄中、上昇は16銘柄、下落は14銘柄。

News一覧へ