☆12月15日の米国株式市場は反発、NYダウ0.58%高、ナスダック1.17%高、S&P500 0.90%高(2017年12月18日)

12月15日の米国株式市場では税制改革の成立を見越した買いが入り、主要3指数は最高値を更新した。

NYダウ工業平均は前日比143.08ドル高(0.58%高)の24,651.74ドル。ナスダック総合指数は前日比80.06ポイント高(1.17%高)の6,936.58、S&P500指数は前日比23.80ポイント高(0.90%高)の2,675.81。

ダウ構成銘柄ではインテル、マイクロソフト、ファイザーなどが高く、IBMやデュポン、3Mなどは安い。指数を構成する30銘柄中、上昇は26銘柄、下落は4銘柄。

スポーツ用品のアンダーアーマーは、2024年までカナダのナショナルチームにブーツなどを提供すると発表したことで買われた。

News一覧へ