☆[概況/大引け] 日経平均は小反落(2017年12月19日)

大引けの日経平均は22,868.00円の33.77円安、TOPIXは1,815.18ポイントの2.72ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は698、値上がり銘柄数は1,265。出来高は14億5,899万株、売買代金は2兆3,912億円。

米国で税制改革法案が今週採決される見込みとなり、18日のNYダウとナスダックは大幅続伸となったが、19日の日経平均は前日の上昇で織り込み済みという見方から、取引開始直後の23,000円手前で頭打ちとなり、小反落となった。業種別下落率上位は建設、海運、陸運、金属で、上昇率上位はゴム、証券、輸送用機器、ノンバンク。 

日経平均構成銘柄では大成建設(1801)鹿島(1812)がリニア中央新幹線の工事の談合疑惑で大幅続落となり、ダイキン工業(6367)はUBS証券による投資判断引き下げで売られた。半面、12月決算の横浜ゴム(5101)ブリヂストン(5108)は配当取りで買われた。日立(6501)は次期中期経営計画で営業利益率の目標を引き上げる考えが好感された。指数を構成する225銘柄中、131銘柄が下落、89銘柄が上昇。

その他、日本触媒(4114)は原料高を警戒したゴールドマン・サックスが格下げしたため下落した。ラウンドワン(4680)は小学生以下無料キャンペーンの効果に注目した大和証券がレーティングを「3」→「1」に引き上げたことで急騰した。

News一覧へ