☆[概況/寄り付き] 東京市場はもみ合い 半導体関連安、石油株高(2017年12月22日)

9時10分時点の日経平均は22,838.46円の27.64円安、TOPIXは1,824.09ポイントの1.48ポイント高。今朝の外国証券4社による寄り前の注文状況は売り370万株、買いは250万株。

昨日のNYダウは55ドル高の24,782ドルと反発。金利高止まりで金融株が買われ、原油在庫の減少で原油高となり、エネルギー関連株も上昇した。

今朝の東京株式市場はもみ合いの始まり。クリスマスや年末年始を控えて、積極的な売り買いが期待しにくいようだ。業種別下落率上位は医薬品、金属、精密、小売で、上昇率上位は鉱業、石油、海運、卸売。 

日経平均構成銘柄では東京エレクトロン(8035)三越伊勢丹(3099)中外製薬(4519)などが安く、丸紅(8002)りそな(8308)国際帝石(1605)などが高い。指数を構成する225銘柄中、84銘柄が下落、128銘柄が上昇。

シナネンHD(8132)は自社株買いが好感され高い。

News一覧へ