☆[概況/大引け] 日経平均3日続落 ファーストリテは高い(2018年01月12日)

大引けの日経平均は23,653.82円の56.61円安、TOPIXは1,876.24ポイントの11.85ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は596、値上がり銘柄数は1,385。出来高は16億9,619万株、売買代金は3兆2,196億円。

円高や週末の手仕舞いで日経平均は3日続落となった。来週月曜日は米国がキング牧師生誕記念の祝日となるため、今晩の米国株が持ち高調整の売りが出てくることも警戒されたようだ。業種別下落率上位は電力ガス、倉庫運輸、情報通信、医薬品、食品で、上昇率上位は鉄鋼、機械、その他製品、ノンバンク。

日経平均構成銘柄では、ソフトバンク(9984)ユニーファミリーマート(8028)京セラ(6971)などが安い。一方、ファーストリテイリング(9983)は好決算で買われ、日本工作機械工業会が今年の工作機械受注は1兆7,000億円の見通しと発表したため、ファナック(6954)安川電機(6506)も高い。指数を構成する225銘柄中、164銘柄が下落、54銘柄が上昇。

その他、コスモス薬品(3349)は減益決算で大幅安となった。昨年12月に新規公開したマツオカコーポレーション(3611)はユニクロのOEMを請け負っていることが注目され大幅高となった。

News一覧へ