☆[概況/寄り付き] 急反発 米国株反発で全面高(2018年02月07日)

9時9分現在の日経平均は22,254.80円の644.56円高、TOPIXは1,798.17ポイントの54.76ポイント高。

昨日のNYダウは567ドル高の24,912ドルと急反発した。朝方は一時567ドル安(23,778ドル)まで売られたが、主力株に買い戻しが広がった。

今朝の東京株式市場も反発して始まり、日経平均は寄り付きから22,000円を回復し、寄り後も上げ幅を拡大している。
全面高となり、業績上方修正したトヨタ(7203)や好決算を発表したSUMCO(3436)が買われ、みずほ(8411)などのメガバンクやソフトバンク(9984)横河電機(6841)三菱商事(8058)も高い。
一方、三菱製紙(3864)王子HD(3861)と資本業務提携を発表したが反落している。
JT(2914)が安く、NTT都市開発(8933)は野村証券の格下げを受けて下落している。
業種別上昇率上位は化学、機械、鉱業、非鉄、鉄鋼で、下落業種はなし。

News一覧へ