☆新規上場紹介 SERIOホールディングス 3月2日 マザーズ 子育て中の女性の就労をサポート(2018年02月07日)

※→IPOカレンダー2018/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

SERIOホールディングス(6567)が3月2日、マザーズに新規上場(IPO)する。

同社の若濵久社長は、人材派遣会社での勤務経験から「家事や育児に従事する女性にも働きやすい仕事を紹介したい」と決意し、既婚女性向け人材派遣会社のセリオ(SERIO=ポルトガル語で「まじめ」を意味する)を2005年に設立。

その後、子どもを持つ女性の就労機会を創出するため、放課後事業、保育事業といった子育て支援分野に事業領域を広げた。

人材派遣、人材紹介を行う就労支援事業では、育児や家事との両立を無理なく行えるパートタイム型人材派遣が主。

放課後事業では自治体や私立小学校から各種放課後施設の運営を受託しており、業界トップクラスの実績を持つ。2017年12月末現の受託数は、自治体から125施設、私立小学校から8施設。このほか、民間の放課後アフタースクールも自社運営している。

保育事業では「トレジャーキッズ」という名称を付けた認可保育園、「エンジェルキッズ」の名称を付けた小規模認可保育園などを運営。2017年5月期の売り上げ構成比は、就労支援事業が48%、放課後事業37%、保育事業15%となっている。

足元は、就労支援事業は人手不足感を背景に堅調に推移。放課後事業は「官から民」への委託増加、保育事業は待機児童解消という国策を追い風に好調に推移している。上場に伴う公募増資で調達した資金は、既存保育園の設備投資に伴う借入金の返済、新設保育園の設備投資資金に充てる予定。

概 要
事業内容子育て中の女性の就労をサポートする就労支援事業、学童クラブを運営する放課後事業および認可保育園を運営する保育事業を行う子会社の経営管理など
本社大阪府大阪市北区堂島1―5―17
代表者若濵久
設立2016年6月
上場前資本金3,000万円
発行済株式数(上場時)3,000,000株
筆頭株主若濵久(上場前50.92%)
公募株式数700,000株
売出株式数20,000株(オーバーアロットメント108,000株)
初値
公開価格1,780円(2月21日)
ブックビル仮条件1,700円~1,780円(2月13日)
ブックビル期間2月14~20日
引受証券野村(主幹事)、大和、SMBC日興、みずほ、SBI、エース、岡三
 
業績推移
営業収益税引前利益1株利益配当
2016/53,010百万円42百万円
2017/54,065百万円43百万円13.86円1.90
2018/5(予想)5,053百万円69百万円16.88円2.78

[本紙2月8日付2面]

News一覧へ