☆[概況/寄り付き] 続伸 為替の落ち着きを好感(2018年02月08日)

9時9分現在の日経平均は21,809.17円の163.80円高、TOPIXは1,764.44ポイントの14.53ポイント高。
昨日のNYダウは19ドル安の24,893ドルと小幅反落となった。
NYダウは乱高下したが、為替が比較的落ち着いていることから、今朝の東京株式市場は続伸で始まっている。ファナック(6954)が反発し、トヨタ(7203)が続伸となり、日本電産(6594)が買われ、ミネベアミツミ(6479)太陽誘電(6976)は業績上方修正で高い。
プレサンスコーポレーション(3254)は野村証券による目標株価を引き上げが好感された。
武田(4502)小野薬品(4528)といった医薬品株も堅調となっている。
一方、ソフトバンクグループ(9984)が売られ、JT(2914)が続落となり、明治HD(2264)が決算発表を受けて安い。鳥貴族(3193)も下落している。
業種別上昇率上位は倉庫運輸、精密、輸送用機器、ガラス土石、ゴムで、下落は鉱業のみ。

News一覧へ