☆[概況/寄り付き] 米国株3日続伸を受けて反発(2018年02月14日)

9時9分現在の日経平均は21,370.26円の125.58円高、TOPIXは1,725.38ポイントの8.60ポイント高。

昨日のNYダウは39ドル高の24,640ドルと3日続伸。反落して始まったが、アップルのCEOが増配に注力すると発言し買われたことが牽引し、午後は上昇に転じた。

今朝の東京株式市場は反発して始まっている。キヤノン(7751)東京エレクトロン(8035)日立(6501)が買われ、コマツ(6301)が反発し、日本カーボン(5302)が続伸。東海カーボン(5301)も好決算を発表し高い。
その他、昭和電工(4004)渋谷工業(6340)が上昇している。
一方、ソフトバンクグループ(9984)は一服となり、NTT(9432)が昨日に引き続き売られ、ナブテスコ(6268)日東電工(6988)も下落している。
富士フイルム(4901)は、ゼロックス筆頭株主が買収に反対声明を発表したことで小幅安となっている。
福井コンピュータ(9790)は大和証券による投資判断引き下げで安い。
業種別上昇率は石油、証券、繊維、不動産、空運で、下落率上位は紙パルプ、非鉄、輸送用機器、情報通信、精密。

News一覧へ