☆新規上場紹介 アズ企画設計 3月29日 JASDAQ 中古不動産再生販売、不稼働不動産の再生利用(2018年03月02日)

※→IPOカレンダー2018/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

アズ企画設計(3490)が3月29日、JASDAQに新規上場(IPO)する。

「空室のない元気な街を創る」を企業理念に、「アズ(AZ)」という社名の由来である「AからZまで、幅広くあらゆるニーズに対応できる会社に」をモットーに、主に東京、埼玉、千葉、神奈川で不動産ビジネスを展開している。

主力は不動産販売事業。入居率や賃料水準が低下して収益改善を要する中古不動産や、稼働率が低くリニューアルが必要なビジネスホテルを取得し、リニューアルなどにより収益性を高めて不動産投資家へ販売するもの。

不動産賃貸事業も手掛ける。こちらは①リニューアルにより高収益が見込める中古不動産を不動産オーナーより借り上げ、施設利用者へ転貸②長期不稼働となっている不動産を貸借し、例えば、店舗、事務所、倉庫などの事業用建物は造作を加えて収納スペースや事業スペース、遊休地は貸しコンテナの設置やコインパーキングなどに再生させ、施設利用者に提供③貸借した土地にビジネスホテルを建設し、ホテル運営会社の協力の下ホテル運営――と主に3パターン。ビジネスホテルでは、現在、東北被災地で復興工事作業員向けホテル「アイルーム」を4棟営業中。

さらに、不動産購入者などへの不動産管理サービスも提供している。

2017年2月期の売り上げ構成比は不動産販売事業が85%、不動産賃貸事業13%、不動産管理事業2%。上場に伴う公募増資で調達した資金の全額を販売用不動産の取得費用に充てる予定。

概 要
事業内容不動産の売買、賃貸借、管理
本社埼玉県川口市戸塚2―12―20
代表者松本俊人
設立1989年4月
上場前資本金3,000万円
発行済株式数(上場時)900,000株
筆頭株主松本俊人(上場前60.24%)
公募株式数新株発行10万株、自己株式処分10万株
売出株式数70,000株(オーバーアロットメント40,500株)
初値4,705円(2.1倍)
公開価格2,160円(3月19日)
ブックビル仮条件2,060円~2,160円(3月8日)
ブックビル期間3月12~16日
引受証券みずほ(主幹事)、野村、SBI、岡三、東海東京、丸三、水戸
 
業績推移
営業収益税引前利益1株利益配当
2016/22,883百万円26百万円9.61円
2017/24,742百万円259百万円224.05円
2018/2(実績見込み)6,361百万円349百万円386.11円

[本紙3月5日付2面]

News一覧へ