☆[概況/寄り付き] 反落 NYダウ続落で全業種が下落(2018年03月14日)

9時7分現在の日経平均は21,780.93円の187.17円安、TOPIXは1,739.36ポイントの11.67ポイント安。
昨日のNYダウは171ドル安の25,007ドルと続落。2月の消費者物価の上昇率が鈍化し、金利低下で銀行株が売られたことや国務長官の解任が響いた。
今朝の日経平均は反落して始まっている。米国株安を受けて全業種が値下がりとなり、鉱業や機械、金属、非鉄、電機が業種別下落率上位。
昨日買われた東京エレクトロン(8035)SUMCO(3436)も反落し、三菱UFJFG(8306)コマツ(6301)住友鉱山(5713)などが安い。
一方、米国の新国務長官は北朝鮮への強硬姿勢を推進するという観測から、防衛関連の石川製作所(6208)豊和工業(6203)が高い。
丹青社(9743)は好決算で買われ、サカタインクス(4633)は値上げ発表で採算改善が期待された。

News一覧へ