☆新規上場紹介 ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 4月10日 マザーズ メンタルサポートから経営課題の発見まで「人材」活用支援会社(2018年03月19日)

※→IPOカレンダー2018/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(6575)が4月10日、マザーズに新規上場(IPO)する。

転職希望者に活躍機会を提供する「人材紹介事業」と、すべての従業員が健全な心身で仕事ができるよう環境を整える「メンタルヘルスケア事業」を手掛ける。前者の人材紹介事業は大きく3種類。1つは子会社のAIMSインターナショナルが展開する「エグゼクティブ層」向けで、成約求職者の年収は平均1,200万円ほど。もうひとつはA・ヒューマンが手掛ける30歳―40歳代を中心とした「ミドルマネジメント層」向けで、こちらは721万円となっている。そしてOptia Partnersが手掛ける「国際人材」。海外進出企業などを対象にバイリンガル人材に特化した紹介を行う。

後者のメンタルヘルスケア事業では不調者の発生の予防から、復職後の再発防止までに対応する。主力はEAP(従業員支援プログラム)。契約企業の従業員や家族に対して専任者が出張カウンセリングを行うというもので、2017年3月末現在で契約企業数は484社に上る。また、15年12月1日に施行された労働安全衛生法の改正に伴って、労働者数50人以上の事業所に対して年1回のストレスチェックが義務付けられたが、こうした追い風を受けて、17年3月末現在では368社が同社のストレスチェックを導入している。

現在は本社を置く東京を中心に事業を展開するが、今後は大阪と名古屋に支店を置いて地域拡大に努める。加えて、人材紹介事業で培った企業の経営層などとのリレーションシップ、メンタルヘルスケア事業で培った組織分析による問題点の発見などといったノウハウを活用して、例えば、経営層向け意識改革のためのコーチングなど新規事業の育成にも注力する。

概 要
事業内容人材紹介事業、メンタルヘルスケア事業
本社東京都港区芝5―33―7
代表者渡部昭彦
設立1990年3月31日
上場前資本金7,000万円
発行済株式数(上場時)2,952,000株
筆頭株主大和PIパートナーズ(上場前65.42%)
公募株式数214,000株
売出株式数770,000株(オーバーアロットメント147,600株)
初値3,600円(3.0倍、11日)
公開価格1,170円(4月2日)
ブックビル仮条件1,040円~1,170円(3月22日)
ブックビル期間3月26~30日
引受証券大和(主幹事)、SMBC日興、みずほ、SBI、いちよし、岩井コスモ、岡三、東海東京、東洋
 
業績推移
営業収益税引前利益1株利益配当
2016/315.42百万円1.95百万円37.88円12.15円
2017/316.75百万円2.29百万円41.47円12.15円
2018/3(予想)19.67百万円2.54百万円57.45円17.23円

[本紙3月20日付2面]

News一覧へ