☆[概況/寄り付き] 反発 銀行株が高い(2018年05月17日)

9時9分の日経平均は22,812.01円の94.78円高、TOPIXは1,807.62ポイントの7.27ポイント高。
昨日のNYダウは62ドル高の24,768ドルと反発した。好決算を発表した百貨店のメーシーズの急伸を受け、ウォルマートやナイキなど消費関連が上昇した。
今朝の東京株式市場も反発して始まっている。昨日下落した三菱UFJFG(8306)が反発し、三井住友FG(8316)も買われている。
ソニー(6758)はSMBC日興証券による目標株価引き上げが好感され、電通(4324)は大和証券による目標株価引き上げに刺激を受けた。
GMOインターネット(9449)が続伸となり、UMCエレクトロニクス(6615)は中期経営計画を発表したことが材料視されている様子。
一方、マネックス(8698)は一服となり、三井不動産(8801)が3日続落となり、ケーヒン(7251)はモルガン・スタンレーMUFG証券による投資判断引き下げで安い。
川崎汽船(9107)など海運株がさえない。
業種別上昇率上位は銀行、水産農林、ガラス土石、精密、繊維で、下落率上位は海運、倉庫運輸、電力ガス、不動産、証券。

News一覧へ