☆新規上場紹介 ZUU 6月21日 マザーズ 「金融×IT」でエグゼクティブ層の資産管理と資産アドバイザーのビジネス支援(2018年05月28日)

※→IPOカレンダー2018/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

ZUU(4387)が6月21日、マザーズに新規上場する。

“お金に関するリテラシー向上”に寄与する情報を提供する経済・金融情報サイト「ZUU online」を運営。創業来、金融資産3,000万円以上、あるいは、年収700万円以上のアッパーマス、富裕層をメーンターゲットにしてきた。

このほか、経営者向けにファイナンスやM&A(企業買収・合併)など経営情報を提供する「経営者 online」、金融業界関係者向けにフィンテック情報を提供する「FinTech online」、女性向けに金融や投資情報を提供する「DAILY ANDS」と、計4つの領域特化型自社メディアも運営している。

同社は「ZUU online」を金融系ポータルサイトと位置付け、まず一般個人ユーザーへの金融関連情報の提供によりサイト活性化を図り、次に広告掲載などを通して金融機関や不動産企業などにユーザーへの接触機会を提供。オフラインでは非効率的だった潜在顧客の獲得や育成を、オンラインにより効率的に推進できるよう支援している。これにより、わが国の金融業界で数少ないインターネット上のBtoCプラットフォームの役割を担うことを目指している。

このプラットフォームを拡大させるために、自社メディアへの訪問ユーザー数の増加に注力。訪問ユーザーは年々増えており、2018年3月は月間訪問ユーザー数がおよそ430万人に達した。

収益モデルとしては、有償で制作された記事広告のテキストや画像をユーザーがクリックすると顧客企業のサイトに誘導され、同社は広告の掲載場所やサイズ、読者数や送客数に応じて広告掲載料を受け取る。

このほか、自社メディアの運用を通じて蓄積したノウハウを生かし、金融・不動産企業の情報発信サイトの構築、運用支援、マーケティングコンサルティングも手掛ける。上場で得た資金はコンテンツ制作の外注費、開発費、海外進出費用などに充てる予定。

概 要
事業内容資産運用を支援するプラットフォーム「ZUU online」を中心とした金融商品やフィンテックサービスとユーザーのマッチングを行うフィンテック・プラットフォーム事業
本社東京都目黒区青葉台3―6―28
代表者冨田和成
設立2013年4月
上場前資本金2億9,273万3,000円
発行済株式数(上場時)2,036,740株
筆頭株主冨田和成(上場前65.26%)
公募株式数150,000株
売出株式数100,000株(このほかオーバーアロットメントで37,500株)
初値5,550円(3.4倍、22日)
公開価格1,600円(6月12日)
ブックビル仮条件1,440円~1,600円(6月1日)
ブックビル期間6月5~11日
引受証券野村(主幹事)、SBI、みずほ、マネックス、松井、岡三
 
業績推移
営業収益税引前利益1株利益配当
2017/3729百万円▼15百万円―円―円
2018/3944百万円70百万円26.95円―円
2019/3(予想)1,170百万円151百万円51.45円―円

[本紙5月29日付2面]

News一覧へ