☆新規上場紹介 キャンディル 7月5日 マザーズ 内装の修繕、改修など(2018年06月12日)

※→IPOカレンダー2018/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

キャンディル(1446)が7月5日、マザーズに新規上場する。

同社は建物の修繕、改修、維持、管理にまつわるサービスを提供している。事業部門は、①リペアサービス②住環境向け建築サービス③商環境向け建築サービス④インテリア商材や補修材料の販売――の4つ。

リペアサービスでは、内装建材や家具などに発生した傷や不具合を、部材交換することなく補修する。対象建物は戸建て住宅、マンションのみならず、商業施設、寺社仏閣、文化遺産など多岐にわたる。4万8,000拠点を超える顧客のうち、800拠点については将来の受注件数や受注につながる施工情報を把握。

住環境向け建築サービスでは、住宅のアフター定期点検や各種メンテナンス、住宅オーナーからの問い合わせ対応、小規模リフォームの設計・デザイン・施工、住宅設備の不具合などに対応。住宅のライフサイクル全体をワンストップでカバーする体制を構築している。

商環境向け建築サービスでは、商業施設の内装仕上げ工事、オフィス移転時の家具・什器の設置や内装変更、ホテルの家具取り付け、家具の組み立て、建築揚重など多岐にわたるサービスを提供している。百貨店やショッピングセンター、チェーン店などで見られる多店舗一斉工事、複数業者一斉入場など同時多発的な現場対応に精通し、機動性に富んだサービスを提供できる体制となっている。

同社は建築業界の人手不足を解消し、現場の生産性向上に寄与するサービスを手掛ける企業が集まり発展してきた。顧客は建築関連業者と、住宅、商業施設、オフィスなどの所有者で、全国35都市58拠点(2018年4月末現在)にサービス網を展開。全国で均一なサービスを提供するための教育プログラムも完備している。

概 要
事業内容建築サービス関連事業(リペアサービス、住環境向け建築サービス、商環境向け建築サービス、商材販売)
本社東京都新宿区北山伏町1―11
代表者林晃生
設立2014年8月
上場前資本金3億4,000万円
発行済株式数(上場時)5,000,200株
筆頭株主新生クレアシオンパートナーズ2号投資事業有限責任組合(上場前61%)
公募株式数200,000株
売出株式数950,000株(オーバーアロットメント172,500株)
初値1,800円(52.5%高)
公開価格1,180円(6月26日)
ブックビル仮条件1,160円~1,180円(6月15日)
ブックビル期間6月19~25日
引受証券野村(主幹事)、SBI、みずほ、SMBC日興、いちよし、岡三
 
業績推移
営業収益税引前利益1株利益配当
2016/910,491百万円129百万円―円
2017/911,959百万円285百万円23.41円
2018/9(予想)12,820百万円331百万円31.96円

[本紙6月13日付2面]

News一覧へ