☆新規上場紹介 エクスモーション 7月27日 マザーズ 車載システムなどの技術コンサルティング(2018年06月28日)

※→IPOカレンダー2018/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

エクスモーション(4394)が7月27日、マザーズに新規上場する。

自動車やロボット、デジタル機器などの製品に組み込まれる「組み込みソフトウエア」の品質改善に特化したコンサルティングを提供している。自動車分野に実績を持ち、車載システムの多くの分野に対して、主に上流工程を中心とした開発技術の導入支援を行っている。教育・人材育成やツール提供も手掛ける。ソフトウエア開発のソルクシーズ(4284)が親会社。長尾章取締役会長はソルクシーズの代表取締役社長。

自動車および自動車関連メーカーの市場では、高度運転支援の強化、自動運転の進化、電気自動車(EV)、ハイブリッド(HEV)などの新パワーユニットの量産、次世代コックピットやスマートミラーなど既存機能のスマート化など、新機能の開発がこれまで以上のペースで増加することが見込まれる。

同社はそうした市場の拡大を背景に、顧客である大手自動車メーカーが推進する高度自動運転支援、自動運転対応などのニーズを取り込んでいる。自動車業界向けの売上高は2017年10月期で約90%を占める。自動車分野での最先端の製品開発支援でノウハウや知見を蓄積し、建設機械、農機、医療、FA(工場自動化)など、あらゆる分野での開発支援を行っていく方針。規模は小さいながら、医療機器分野や建設機械などへの展開を図っている。こうした収益基盤の拡充に加え、優秀な人材確保にも努めていく。

概 要
事業内容システムおよびソフトウエアに対するテクニカルコンサルティングおよびエデュケーションサービス
本社東京都品川区大崎2―11―1
代表者渡辺博之
設立2008年9月
上場前資本金3,150万円
発行済株式数(上場時)1,250,000株
筆頭株主ソルクシーズ(上場前71.2%)
公募株式数200,000株
売出株式数164,000株(オーバーアロットメント54,600株)
初値5,000円(49.7%高)
公開価格3,340円(7月17日)
ブックビル仮条件3,140円~3,340円(7月5日)
ブックビル期間7月9~13日
引受証券SBI(主幹事)、みずほ、SMBC日興、岡三、マネックス、藍澤、岩井コスモ、東洋、極東、エイチ・エス、むさし
 
業績推移
営業収益税引前利益1株利益配当
2016/11622百万円123百万円87.85円26.60円
2017/11694百万円125百万円91.69円28.00円
2018/11(予想)834百万円145百万円89.78円未定

[本紙6月29日付2面]

News一覧へ