☆新規上場紹介 アクリート 7月26日 マザーズ SMS配信サービスを提供(2018年07月03日)

※→IPOカレンダー2018/→新規上場紹介/→ブックビル大作戦・IPO診断・IPO社長会見

アクリート(4395)が7月26日、マザーズに新規上場(IPO)する。

企業から個人向けのSMS配信を代行するサービスを行う。SMSとは、相手先の電話番号だけで全角70文字の文字情報を送受信できるショートメッセージサービス。これを国内企業には直接販売、販社・代理店経由で、また海外の大手グローバル企業には海外SMSアグリゲーター(多くの企業のSMS配信需要を取りまとめて大量のSMS配信を行う企業)を通じて提供している。

電話(音声通話)の不通率が高いこと、郵便・Eメール・FAXなどの通信手段の即時性、閲覧率の低下などにより、企業から個人へのコンタクトが困難になりつつある。こうした状況の中、SMSは携帯電話を保有するすべての人に対して、個人が特定されている携帯電話番号への送信が可能なこと、変更されにくく一般的に即時閲覧率が高い通信手段であることから、企業はさまざまな用途で利用を進めている。

SMSの主な用途は、会員登録、パスワード配信などを行う際の携帯電話番号を用いた個人認証手段、採用情報、支払督促、CRM(顧客関係管理)などのマーケティング・コミュニケーション手段など。

同社では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクと接続先に大量配信を可能にする法人向けSMS配信サービス専用の方式による接続(直接回線接続)を行い、大量配信・MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)対応を可能にした同社開発のSMS配信システムによってサービスを行っている。

公募増資によって調達した資金は、①SMS配信サービス事業の強化のためのソフトウエア開発開発費、②本社オフィス移転に関する設備投資資金、③借入金の返済資金、④事業拡大に伴う人件費――に充当する予定。

概 要
事業内容個人認証、マーケティング、コミュニケ―ションなどを目的とした企業から個人向けSMS配信サービス事業
本社東京都世田谷区太子堂1―12―39
代表者伊藤彰浩
設立2014年5月
上場前資本金3,000万円
発行済株式数(上場時)5,300,000株
筆頭株主BANA1号有限責任事業組合(上場前38.09%)
公募株式数500,000株(新株式発行)、40,000株(自己株式の処分)
売出株式数380,000株(オーバーアロットメント138,000株)
初値1,542円(2.0倍)
公開価格770円(7月18日)
ブックビル仮条件690円~770円(7月9日)
ブックビル期間7月10~17日
引受証券SMBC日興(主幹事)、みずほ、SBI、岩井コスモ、エース、マネックス
 
業績推移
営業収益税引前利益1株利益配当
2016/12351百万円39百万円3.30円―円
2017/12949百万円171百万円23.52円―円
2018/12(予想)1,390百万円201百万円26.15円―円

[本紙7月4日付2面]

News一覧へ