☆[概況/寄り付き] 全面安、米国株急落を受けて(2018年10月11日)

9時8分時点の日経平均は22,762.19円の743.85円安、TOPIXは1,706.93ポイントの56.93ポイント安。
昨日のNYダウは831ドル安の25,598ドルと急落。長期金利上昇を受け、PERが高いハイテク株中心に売られた。
今朝の東京株式市場は全面安で、ソフトバンクグループ(9984)トヨタ(7203)東京エレクトロン(8035)といった主力株が取引開始5分を経過しても売り気配のままで、鉱業や鉄鋼、機械、電機株、非鉄が業種別下落率上位となっている。上昇業種はなし。
安川電機(6506)は業績下方修正で売られている。
一方、値上がりしている銘柄は乏しいが、ドンキホーテ(7532)はユニーの全株式を買い取ることで最終調整に入ったと報じられ、買い気配の始まりとなっている。
百貨店の松屋(8237)はいちよし経済研究所が新規「A」と発表し上昇している。

News一覧へ