☆竹中三佳の株Catch one's eye Part.258 中目黒上陸!話題のスターバックス新店舗(2019年01月04日)

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。さて新年1本目、何を書こうかな…と熟慮に熟慮を重ねた結果、今一番気になっている「スターバックス リザーブ ロースタリー」について書くことにしました。

「スターバックス リザーブ ロースタリー」は2月28日に中目黒にオープン予定の、国内初、シアトル・上海などに続き世界5店舗目となる、焙煎工場を併設したスターバックスの高級コンセプト店です。上海に行った際にのぞいて来たのですが、まるでコーヒーのテーマパークのような想像以上の規模と、溢れかえる人、飛ぶように売れるグッズを見て、これが日本にも出来るのか…と高揚したのを覚えています。

先日実際に建設現場へ行ってみたのですが、さすが世界の隈研吾氏のデザインとあって、目の前に広がる目黒川や桜並木との調和のとれた、大きな窓に木を基調とした、温かくもスタイリッシュなデザインとなっていました。ここで巨大焙煎機から生豆が移動するのを見たり、フレッシュなコーヒーの香りを楽しんだりできるのかと思うと、わくわくが抑えきれませんでした。福岡に住む友人からも、春先に子供を連れて上京する予定なので、お花見がてらロースタリーに連れて行ってほしいとのオーダーを受けました。

毎年大勢の人でにぎわう目黒川の桜に続き、国内外からの集客が見込める「スターバックス リザーブ ロースタリー」。近隣に位置するドンキホーテ(ドンキホーテHD、7532)や、飲食店の特需はもちろん、中目黒駅(東京急行電鉄、9005)利用者の増加、ひいては地価の上昇まで影響を及ぼすのか、今から注目しています。

【編集記者のコメント】
焙煎や抽出の様子を楽しむことができるとのことから「コト消費」の要素も備えた新たな珈琲店となりそう。昨今の“インスタ映え"ブームも追い風に多くの来店客でにぎわうことでしょう。新店舗の上陸が国内コーヒーチェーンにどのような影響を与えるのかも注目です。ちなみにここ数年の国内の潮流は「セルフサービス+低価格」でしたが、最近はドトール・日レスHD(3087)の『星野珈琲』や銀座ルノアール(9853・JQ)のようなフルサービス型が再び支持を得ているもよう。サンマルクHD(3395)も同社初のフルサービス型業態『倉敷珈琲店』の育成を進めています。

竹中三佳さんのプロフィール
タレント、リポーター、モデル。ホリプロアナウンス室所属。明るく誠実でファッショナブルなキャラクターでTVやラジオ、CMなどで活躍。

[本紙1月7日付12面]

News一覧へ