☆[概況/寄り付き] 小幅続伸、電機は安い(2019年02月04日)

9時9分現在の日経平均は20,877.69円の89.30円高、TOPIXは1,577.02ポイントの12.39ポイント高。
先週末のNYダウ反発を受けて、週明けの日経平均は小幅続伸の始まり。
アンリツ(6754)は好決算を評価した大和証券がレーティングを「3」→「2」に引き上げたことも支援材料となり、続伸している。
先週金曜日は下落したメガバンクと任天堂(7974)も反発している。
日立(6501)は通期の純利益が前期比50%減益の見通しを発表したが買われている。
その他、DTS(9682)伊藤忠テクノ(4739)が高い。
一方、ソニー(6758)は2019年3月期の純利益が前期比70%増の8350億円になると発表したが売られている。野村証券では目標株価を7,800円→7,500円に下げた。
村田製作所(6981)LINE(3938)が反落し、コニカミノルタ(4902)が安い。
業種別上昇率上位はその他製品、保険、紙パルプ、石油、ゴムで、下落は電機。

News一覧へ