☆3月11日の米国株式市場は6日振りに反発、NYダウ0.79%高、ナスダック2.02%高、S&P500 1.47%高(2019年03月12日)

3月11日の米国株式市場は6日振りに反発。半導体大手のエヌビディアがイスラエルの半導体設計会社メラノックス・テクノロジーを買収すると発表し、半導体株が買われた。トランプ大統領が予算教書を提出し、国防費の拡大を要請したため、防衛関連株が買われた。

NYダウ工業平均は前日比200.64ドル高(0.79%高)の25,650.88ドル。ナスダック総合指数は前日比149.92ポイント高(2.02%高)の7,558.06。S&P500指数は前日比40.23ポイント高(1.47%高)の2,783.30。

NYダウ採用銘柄はアップルや3M、コカコーラなど29銘柄が上昇し、下落はボーイングのみ。ボーイングはエチオピア航空が運航するボーイング機の墜落で売られた。

News一覧へ