☆[午前の東京為替マーケット概観] ドル円、クロス円とも値動きに乏しい。関心はジャクソンホールへ(2015年08月28日)

28日の東京市場は比較的落ち着いた展開となった。ドル円は121円30銭近辺まで強含んだ後121円6銭近辺まで押された。比較的小幅な値動きにとどまった。ユーロ円は136円20銭前後でレンジ相場継続。ポンド円は187円回復後に186円66銭近辺まで軟化。豪ドル円は87円32銭近辺までジリ高に推移。日経平均は大幅続伸しているが、為替は反応薄で、値動きに乏しい。日本時間29日25時25分スタートのフィッシャー米FRB副議長によるジャクソンホールで講演に関心が集まっている。(T)

News一覧へ