2月27日の米国株式市場は、下落。NYダウ 0.45%安、ナスダック 0.49%安、S&P500 0.30%安(2015年03月02日)

2月27日の米国株式市場は、寄付きから冴えない展開が続き安値引け。週末、月末要因や、10-12月期GDP改定値が速報値から下方修正され、シカゴ購買部協会景況指数が低下したことも重しに。

NYダウ工業平均は前日比 81.72ドル安(0.45%安)の18,132.70ドル、ナスダック総合指数は前日比 24.36ポイント安(0.49%安)の4,963.53、S&P500指数は前日比 6.24ポイント安(0.30%安)の2,104.50。

ダウ構成銘柄では、アメリカン・エキスプレスやシスコシステムズ、ゴールドマン・サックス、インテル、キャタピラー、ビザ、ファイザー、メルクなどが冴えない反面、コカ・コーラやIBM、GE、AT&Tなどがシッカリ。

その他、赤字決算から百貨店のJCペニーが6.80%安、一方、決算が好感されたアパレルのギャップは3.05%高、エナジードリンクのモンスター・ビバレッジは13.13%高。前日決算から急騰したセールスフォースは1.22%安と反落し、アップルやフェイスブック、アリババなども冴えない。グーグルはシッカリ。

News一覧へ