TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/前引け] 日経平均は続伸。資生堂やソニー、KDDIが高い
速報・市況2019年8月9日

☆[概況/前引け] 日経平均は続伸。資生堂やソニー、KDDIが高い

前引けの日経平均は20,745.75円の152.40円高、TOPIXは1,506.28ポイントの7.62ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,338、値下がり銘柄数は702。出来高は6億626万株、売買代金は1兆888億円。
日経平均は続伸。米国株高や日本の4~6月期GDPが年率1.8%増と市場予想の0.4%増を上回ったことや、中国人民元の基準値が連日で7元台に設定されたものの、上海総合指数は続伸となり、節目の2,800ポイントを回復したことが好感された。
資生堂(4911)が活況で大幅高となった。第2四半期に中国でプレステージ化粧品は40%増収となったことが注目された。
ソニーが買われ、KDDIが高く、バンダイナムコとテルモは好決算で上昇した。
日本通信は第1四半期が営業赤字だったが、今後の収益改善期待が寄せられた。
一方、ネクソンが減益決算で大幅安となり、ダイフクも減益決算で売られた。
新生銀行は筆頭株主による株式売出に打撃を受けた。
業種別上昇率上位は鉱業、精密、その他製品、石油、医薬品で、下落率上位は紙パルプ、証券、ガラス土石、銀行、空運。

関連記事