TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/寄り付き] 反落、SUMCOや東レ、レオパレス21が安い
速報・市況2019年6月11日

☆[概況/寄り付き] 反落、SUMCOや東レ、レオパレス21が安い

9時6分時点の日経平均は21,070.43円の63.99円安、TOPIXは1,549.92ポイントの3.02ポイント安。
昨日のNYダウは6日続伸だったが、上昇要因となったメキシコに対する関税見送りは昨日の東京株式市場で織り込まれていたことから、改めての買い材料とならず、今朝は反落して始まっている。
ファーストリテイリングやファナックが売られ、ゴールドマン・サックスが格下げしたSUMCO(3436)が安く、レオパレス21(8848)は新たな施工不良が見つかり下落している。
NY原油先物は在庫増加を受け反落したため、石油株が安い。
昨日人気を博した東レも利食い売りに押された。
一方、東京エレクトロンやディスコは高く、日立と楽天が続伸しとなり、電気興業(6706)はいちよし経済研究所の新規「A」が好感された。
業種別下落率上位は繊維、精密、石油、倉庫運輸、金属で、上昇率上位は鉱業、証券、銀行、鉄鋼、電機。

関連記事