TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/寄り付き] 米国株急反発と円安を受けて、ほぼ全面高
速報・市況2019年8月14日

☆[概況/寄り付き] 米国株急反発と円安を受けて、ほぼ全面高

9時5分時点の日経平均は20,683.61円の228.17円高、TOPIXは1,501.12ポイントの14.55ポイント高。
米国が対中関税第4弾の一部を延期したことで米国株が急反発し、円相場は円安に振れた。
今朝の東京株式市場も反発し、ほぼ全面高で始まっている。ソニーや東京エレクトロン、安川電機などの輸出関連が買われ、商船三井を始めとした海運株と住友鉱山などの非鉄株も物色されている。繊維機械の島精機(6222)も反発。
その他、相場反発を受けて、大和証券も高い。
一方、三井住友FGは続落となり、第一三共が反落し、サイボウズが安い。
業種別上昇率上位は鉱業、海運、非鉄、繊維、ゴムで、下落は空運と水産農林。

関連記事