TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/寄り付き] 米国株続落の影響で全面安
速報・市況2019年8月13日

☆[概況/寄り付き] 米国株続落の影響で全面安

9時6分時点の日経平均は20,398.34円の286.48円安、TOPIXは1,486.09ポイントの17.75ポイント安。
米国株続落の影響を受け、東京株式市場は反落の始まりで全面安となっている。
指数寄与度の高いソフトバンクグループやファーストリテイリングが売られ、トヨタやホンダなどの自動車株とコマツや安川電機といった中国関連も下落している。
その他、JFEを始めとした鉄鋼株や川崎汽船などの海運株やJXTGなどの石油株の下げも目立っている。
KHネオケム(4189)は大和証券がレーティングを「2」→「3」に下げたことが響いた。
半面、SMCや第一三共が買われ、アイフルが高い。
業種別下落率上位は鉄鋼、ゴム、海運、石油、ガラス土石で、上昇業種はなし。

関連記事