TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/後場寄り] 非鉄や東京海上は高いが、ディフェンシブ株は安い
速報・市況2019年8月14日

☆[概況/後場寄り] 非鉄や東京海上は高いが、ディフェンシブ株は安い

12時38分時点の日経平均は20,586.84円の131.40円高、TOPIXは1,494.21ポイントの7.64ポイント高。
中国の7月の鉱工業生産が前年同月比4.8%増と6月の6.3%増から伸びが鈍化し、市場予想の5.8%増を下回ったことや、小売売上高も前年同月比7.6%増と、6月の9.8%増から伸びが鈍化し、市場予想の8.6%増を下回ったため、前場の日経平均は上げ幅を縮めた。
後場も前引けとあまり変わらない水準で取引されているが、DOWA(5714)や三井金属などの非鉄株や旭化成は高く、東京海上が上げ幅を拡大した。
その他、太陽誘電や村田製作所などのアップル関連が物色されているため、キリンや大日本住友製薬、小田急電鉄などのディフェンシブ株は安い。
業種別上昇率上位は鉱業、ゴム、その他製品、非鉄、繊維で、下落率上位は空運、陸運、電力ガス、水産農林、不動産。

関連記事