TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/10時] ダイキン工業は下げ幅を拡大し、テルモや中外製薬、第一三共が安い。ソフトバンクGは4日ぶりに反発
速報・市況2020年11月20日

☆[概況/10時] ダイキン工業は下げ幅を拡大し、テルモや中外製薬、第一三共が安い。ソフトバンクGは4日ぶりに反発

10時0分時点の日経平均は25,494.41円の139.93円安、TOPIXは1,720.89ポイントの5.52ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は810、値下がり銘柄数は1,201。出来高は3億375万株、売買代金は6,081億円。
日経平均は取引開始直後に25,445円(188円安)を付けた後は、やや下げ幅を縮めた。
ダイキン工業は下げ幅を拡大し、テルモや中外製薬、第一三共が安い。
Web会議システムのブイキューブは反落した。
MS&ADなどの保険株が下落している。
一方、ソフトバンクグループは4日ぶりに反発した。
巣ごもり関連でオンラインゲームのネクソンが続伸。
シキボウ(3109)は抗ウイルス加工「フルテクト」の新型コロナウイルスに対する効果を確認したと発表したため急騰した。
業種別下落率上位は保険、紙パルプ、陸運、精密、空運で、上昇率上位は鉄鋼、情報通信、金属、その他製品、ゴム。

関連記事