TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/10時] 寄り後下げ幅を縮めたが、再度弱含んだ。非鉄と海運、半導体製造装置が安い
速報・市況2020年1月15日

☆[概況/10時] 寄り後下げ幅を縮めたが、再度弱含んだ。非鉄と海運、半導体製造装置が安い

10時5分時点の日経平均は23,957.74円の67.43円安、TOPIXは1,734.18ポイントの6.35ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は597、値下がり銘柄数は1,404。出来高は3億3,857万株、売買代金は5,559億円、
日経平均は寄り後、下げ幅を縮めたが、再度弱含んだ。
ソフトバンクグループや東京エレクトロン、アドバンテストが売られ、ファミリーマートや第一三共も安い。
その他、非鉄株と海運株が売られている。
コーセーREとGunosyは減益決算で大幅安となり、古野電気は業績下方修正で売られた。
一方、パナソニックは買われ、オリンパスは野村証券による目標株価引き上げで高い。
ベイカレント・コンサルティングは業績上方修正でストップ高となり、ITインフラ構築のセラク(6199)は第1四半期で上期営業利益予想に到達したことで、ストップ高買い気配となっている。
業種別下落率上位は非鉄、海運、証券、機械、石油で、上昇はゴム、精密、鉄鋼、食品、水産農林。

関連記事