TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/10時] 小幅高に持ち直し。紙パルプや食品が高く、金融は安い
速報・市況2019年6月12日

☆[概況/10時] 小幅高に持ち直し。紙パルプや食品が高く、金融は安い

10時0分時点の日経平均は21,243.94円の39.66円高、TOPIXは1,562.28ポイントの0.96ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,076、値下がり銘柄数は891。出来高は3億1,439万株、売買代金は5,602億円。
日経平均は小反落で始まったものの、小幅高に持ち直した。ファーストリテイリングやファナック、NTTデータが買われ、王子HDを始めとした紙パルプが高く、雪印メグミルクなどの食品株も上昇している。日清製粉(2002)はSMBC日興証券がBtoB企業として成長領域で競争優位の地位を構築しつつあると述べ、投資評価を高めたことで買われた。
日東製網は今期の業績見通しが好感され大幅高となった。
半面、ソフトバンクグループやKDDI、京セラが安く、東海東京FHなどの証券株や第一生命などの保険株も下落。
業種別上昇率上位は紙パルプ、食品、精密、非鉄、機械で、下落率上位はその他製品、証券、保険、石油、銀行。

関連記事