TOP  NSJショートライブ  速報・市況  ☆[概況/10時] 300円程度の下落となり、20,400円を下回っている
速報・市況2019年8月13日

☆[概況/10時] 300円程度の下落となり、20,400円を下回っている

10時0分時点の日経平均は20,387.47円の297.35円安、TOPIXは1,482.17ポイントの21.67ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は310、値下がり銘柄数は1,793。出来高は4億2,163万株、売買代金は6,727億円。
日経平均は300円程度の下落となり、20,400円を下回っている。
ほぼ全面安の状況で、野村HDなどの証券株やTOYO TIREなどのゴムやJFEや神戸製鋼といった鉄鋼株の下げが目立っている。東邦亜鉛(5707)は第1四半期が営業赤字となり一時ストップ安となった。
買われている銘柄は少ないが、東レとゴールドウインが続伸となり、セイコーは決算が決算が好感された。アドバンテストが反発している。
業種別下落率上位はゴム、鉄鋼、海運、証券、石油で、上昇は繊維。

関連記事